top of page

KPT法による振り返り

更新日:7月10日

ライフスキルコース担当の岡﨑と申します。


2024年も半分が過ぎようとしています。

年頭に目標を掲げた方もいらっしゃると思いますが、進捗状況はいかがでしょうか?

高い壮大な目標を掲げた方、身近な現実的な目標を掲げた方様々だと思います。


ディーキャリア山形オフィスでは、毎週KPT法による振り返りという訓練をやっています。

KPTというのはKeep、Problem、Tryの頭文字をとった言葉です。

毎週、Keep(継続するところ-よかったところ)、

Problem(課題となるところ)を考えていただき、

それぞれに対するTry(改善策・次のステップとなるアクション)を考えます。


これらを考える上で様々なポイントがありますが、今回は2つに絞りお伝えしたいと思います

一つ目はProblemの原因を「2つ以上」(旧テキストを参照)考えることです。原因が的確でないと、よい改善策が出てこないことが多いためです、旧テキストも良かった点は継続して訓練に取り入れております。

二つ目は「自分を俯瞰する事」です。渦中に入り込み過ぎると冷静な考えができなくなるため、ちょっと離れた自分を見てみることも大切だと思います。


そして利用者の皆様に考えていただいたKPTシートを基にスタッフと共有し、その場でフィードバックを行い理解度を高めています。場合によっては目標の変更や追加を行っています。最初はあまり書けない利用者も、一旦腹落ちすると徐々に書けるようになっていきます。目標に向かって日々取り組み達成感を味わう、そしてその達成感をスタッフと共有出来ることがこの訓練の醍醐味の一つだと思っています。




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page